Anthropology and feeling’s diary

人類学に関する本、日常で思ったことなど。まだまだ勉強中なのでご教示ください。

人類学の本

ポストコロニアル論争を詩的にふりかえる 今福龍太『クレオール主義』

クレオール主義 (ちくま学芸文庫) 作者: 今福龍太 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2015/04/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ジェイムズ・クリフォードによる『文化を書く(Writing Culture)』をはじめとする、人類学に大きな論争を巻き…

ダナ・ハラウェイ「サイボーグ宣言:二〇世紀後半の科学、技術、社会主義フェミニズム」

猿と女とサイボーグ ―自然の再発明―新装版 作者: ダナ・ハラウェイ,高橋さきの 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2017/05/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 西欧主義的な二分法、全体性(ホーリズム)を攪乱する存在としてのサイボーグ。 そ…

アドリアナ・ペトリーナ『曝された生 チェルノブイリ後の生物学的市民』

曝された生 作者: アドリアナペトリーナ,粥川準二,Adriana Petryna,森本麻衣子,若松文貴 出版社/メーカー: 人文書院 発売日: 2016/01/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 最大規模の原発事故後、放射線を大量に浴びたウクライナの人びと…

E・ヴァレンタイン・ダニエル「悩める国家、疎外される人々」

他者の苦しみへの責任――ソーシャル・サファリングを知る 作者: A・クラインマン,J・クラインマン,V・ダス,P・ファーマー,M・ロック,E・V・ダニエル,T・アサド,池澤夏樹[解説],坂川雅子 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 2011/03/23 メディア: 単行本 …

アーサー・クラインマン編『他者の苦しみへの責任 ソーシャル・サファリングを知る』

他者の苦しみへの責任――ソーシャル・サファリングを知る 作者: A・クラインマン,J・クラインマン,V・ダス,P・ファーマー,M・ロック,E・V・ダニエル,T・アサド,池澤夏樹[解説],坂川雅子 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 2011/03/23 メディア: 単行本 …

フィールドとの付き合い 『人はみなフィールドワーカーである』

人はみなフィールドワーカーである ――人文学のフィールドワークのすすめ 作者: 西井凉子 出版社/メーカー: 東京外国語大学出版会 発売日: 2014/06/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 古本屋で目について買った本。 東京外国語大学のア…

アネマリー・モル『多としての身体―医療実践における存在論』

多としての身体―医療実践における存在論 (叢書・人類学の転回) 作者: アネマリーモル,Annemarie Mol,浜田明範,田口陽子 出版社/メーカー: 水声社 発売日: 2016/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 授業で一度は読んだのですがちゃんと理…

『インディオの気まぐれな魂』Vol.2 他者ではなくて他者性 文化を捉え直す

インディオの気まぐれな魂 (叢書 人類学の転回) 作者: エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デカストロ,Eduardo Viveiros de Castro,近藤宏,里見龍樹 出版社/メーカー: 水声社 発売日: 2015/10/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 前回が長くなって…

『インディオの気まぐれな魂』Vol.1 「気まぐれ」から宗教と「文化」について考える。

インディオの気まぐれな魂 (叢書 人類学の転回) 作者: エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デカストロ,Eduardo Viveiros de Castro,近藤宏,里見龍樹 出版社/メーカー: 水声社 発売日: 2015/10/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 通称「赤い本」。…

『森は考える』における思考・精神とは おじさんは何故わざわざ遠くからカモメに餌をあげたのか。

森は考える――人間的なるものを超えた人類学 作者: エドゥアルド・コーン,奥野克巳,近藤宏,近藤祉秋,二文字屋脩 出版社/メーカー: 亜紀書房 発売日: 2016/01/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る はい、『森は考える』です。 この本かなり…